外壁塗装・屋根塗装まとめ

一戸建ての外壁塗装に適した時期や季節目安|手抜き工事を防ぐ工程維持策

外壁塗装をする上で重要な事が、季節によって表面を乾燥させる為に工期が長くなってしまったり、欠陥が出てしまう可能性があります。

しかしながら、積雪がひどい地域を除いては「オールシーズンで外壁塗装をすることは可能」であり、実は季節以上に大切な要因となるのが「工程」を軽視しがちです。

今回は、料金的な面においても塗装業者の割高な繁忙期と重なり損な時期に工程を組まないために必要な「外壁塗装に適した時期と工程維持のヒケツについてお伝えしていきます。

割高な料金になってしまう時期や、他の現場を優先され後回しにされる不愉快な自体を避けるためにも参考にして下さいね♪

 

一戸建て住宅の外壁塗装におすすめの時期・季節の目安

時期・季節 塗料の最適期 塗装業者の繁忙度 料金
1月
閑散期
応相談
2月
閑散期
応相談
3月
閑散期
応相談
4月
繁忙期
割高
5月
繁忙期
割高
6月
普通
応相談
7月
普通
応相談
8月
普通
応相談
9月
繁忙期
割高
10月
繁忙期
割高
11月
閑散期
応相談
12月
閑散期
応相談

 

上記にもまとめていますが、一戸建て住宅など外壁塗装に最も適した時期は「塗料の乾きやすい湿度が低く雨が降らない春秋の時期が最適なシーズンです。

そのため、塗装業者の繁忙期が塗料の乾きやすい春秋でもあり料金の値下げ交渉なども通り難い季節でもあり割高な料金になりがちなシーズンでもあります。

塗料は湿度が高い日や雨のふるひに施工はできなかったり、十分乾燥させる前に塗り重ねてしまうと塗装浮きや剥がれなどの品質不慮に繋がりかねないため施工時期には注意が必要です。

 

管理人
管理人

特に積雪などがない地域なら年間通して塗装工事は可能ですが、雨などが多い季節は工程がずれ込みやすく業者の他作業現場との兼ね合いにより後回しにされるケースも多々あります。

また、塗装業者の繁忙期の「春:4~5月、秋:9月~10月の時期は塗装業者が忙しいシーズン」でもあり閑散期に比べると料金は高くても仕事が取れるので施工料金は高くなる傾向があります。

 

外壁塗装不良トラブルを防ぐ3つのポイント!

①外壁塗装に適していない雨・雪や台風時期を外した季節を選ぼう!

外壁塗装工事はスムーズな工程や塗装品質保全のためにも「梅雨と雪の時期は外したタイミング」で施工検討するようにしましょう!

梅雨時期や寒い雪の時期は塗装不良など塗膜形成において有利とは言えず、工事を進め難い環境でありがちなため、欠陥などのトラブルに発展しないためにも避けることをおすすめします。

梅雨の時期や雪の時期も施行が不可能ではありませんが「塗装品質は乾燥との相関性が高い」ため施工不良を起こさない技術と信頼できる業者を見るけることが重要です。

管理人
管理人
昨今は、台風やゲリラ豪雨などの被害も多いため、台風時期なども外したほうが無難なケースもあります。

 

②外壁塗装トラブルを未然に防ぐリフォーム工程管理表の作成を依頼しよう!

塗装業者は職人気質のため気難しいタイプの人が多い傾向もありますが、お互いの信頼関係を保つためにも「工事計画書を元にした工程管理ができる」様に話を進めましょう!

工事計画書は、工事を行う上で当たり前に提出書類であり難しい書面である必要はありません。お互いに意思疎通の確認や着工前の話の真偽を確認する上でも大切です。

複雑なガンチャート資料が必要なのではなく、お互いの意志のすり合わせの簡易的なスケジュール予定表で良いので別途費用がかかるわけではないため事前にすり合わせが必要です。

管理人
管理人
塗装工程に関しては、天候により日程変更するケースもありますが施工工程表を作ってもらう」ことで、工事業者に他の現場を優先されたり手抜き工事予防にも繋がるため必ず作成してもらうようにしておきましょう!

 

③外壁塗装は飛び込み営業の業者は控えよう!

外壁塗装でよくある失敗談の典型例が、飛び込み営業による施工であるため「優良の一括見積り比較サービスを活用した業者選びに徹するようにしましょう!

飛び込み営業の業者全てが悪いとは言えませんが、手抜き工事をする業者がたくさん存在することも事実のため第三者機関を挟んだ見積もりサービスを利用すると優良業者しかいません。

複数の施工主から高評価だった業者のみがピックアップされ採用されているため、手抜き工事や相場観の狂った見積もりを出されることもなく対話がしやすい点も利点の一つです。

外壁塗装で失敗することなく、満足な仕上がりの結果を手に入れるためにも「優良の一括見積りサービスを活用した業者選び」を行いましょう!

 

外壁塗装の工程や工期を維持するためたった一つの対策

前途でも紹介しましたが、工期通りに塗装工事を進める上でも工程表作成は必須の要件となります。工程表提出の前例がない業者は孫受けの小さい塗装業者の疑いもあり、信頼性に賭けるため注意が必要です。

工期が天候に左右されるのは当然ですが「塗装品質を維持し工程を守ってもらう」のは近隣住民の方への配慮でも有り切っても着れない関係があります。

工程通りに進めてもらうことは信頼性という意味でも重要なことなのですが、塗装欠陥が入らないように工事を事前に組む手腕もプロの仕事であると考えています。

女性の口コミ
女性の口コミ
女性の口コミです「足場・飛散防止・高圧洗浄・養生・下地処理・塗装・コーキング・足場解体・掃除」などの全ての工程で順調に進んだ時のスケジュールと、調整後の目安スケジュールも含めて説明してもらえる塗装業者に依頼されるのは必然的な事象だと思いませんか?

塗装業者選びで迷いのある方は依頼前に優良店限定のサービスに一括相談することをおすすめします。

管理人
管理人

1週間程度で終わってしまう工程の塗装業者は怪しいです。

すべての工程をきちんとクリアしていくには最低でも10日~14日程度は必要になります。1週間で終わるような工程表やスケジュールを組む業者に不安があるため依頼しないようしましょう。

 

【余談】塗装業者が工期・工程表を出したくない理由

 

工事依頼をする依頼主としては、作業のスケジュールや工程表は近隣住民への配慮も考慮するとクレーム問題にも直結する話でもあり大事な部分です。

工程表を出しても雨や塗装の乾燥などの影響で工期の延長などは往々に有るので、塗装業者は工程遅れなどのクレームの発生なども考慮して予定表を出したくないのが本音でもあります。

そのような施行側の問題よりも、依頼主の工事スケジュール把握のほうが大事で、当初の予定通りに進まないことも含めたフォローや説明をしてもらいながら完了してもらう必要があります。

どうしても工程を出しもらえない塗装業者は、残念ながら信頼に値しない工事業者であり、依頼前にトラブル回避できたと思って逆に喜んで下さい。

そんな業者に相談しなくてもあなたの街の優良の塗装業者は存在しているので安心してくださいね♪

 

一戸建ての外壁塗装に適した時期や工程|まとめ

 

今回は、依頼後のトラブル回避にも繋がる事前準備とも言える「外壁塗装に適した季節や時期」から「手抜き工事から住宅を守る対策」を含めてお伝えしていきました。

外壁塗装を依頼する上での適している時期と工程についての知識は深まりましたか?

塗装品質と同じくして施工工程や時期も重要で、季節により洗浄や乾燥の日数も変わってきます。

壁が濡れている状態での塗装は行えませんし、天候に左右される工事でもあるため契約前に優良な業者である点や信頼性について確認できる方法になるためしっかりチェックしておきましょう。

工事依頼前にビフォーアフター後の満足度も決まってくるため、事前に不安なく依頼できる環境を作るように心がけましょう♪

 

一戸建ての外壁塗装に適した時期や季節目安|手抜き工事を防ぐ工程維持策」の再チェック!

 

チャットで安心!地域の優良外壁塗装工務店をご紹介♪
ヌリカエ見積もり

「外壁塗装の費用が分からない」「良い業者がわからない」という不安を解消できる無料見積もりサービスです♪

 

建物の事と電話番号・メールアドレスだけであなたの街の優良業者をご紹介します♪

 

詳細ページ公式ページ