外壁塗装に適した時期と工程維持のヒケツ

外壁塗装の時期と工程

外壁塗装をする上で重要な事と一般的に言われている事が、季節によって表面を乾燥させる為に工期が長くなってしまったり、欠陥が出てしまう可能性がある季節としてすることが有るかと思いますが、雪がひどい地域を除いてはオールシーズンで外壁塗装をすることは可能です。

 

塗装工程に関しては、天候により変更もありますが「きちんと工程表を作ってもらう」事で工事業者に他の現場を優先されることなく手抜き工事などの予防にもなるのできっちりと作ってもらうようにしましょう。

 

それに料金的な問題として塗装業者の繁忙期で料金が割高になってしまいがちな時期があります。春と秋の4~5月、9月~10月の時期は塗装業者が忙しい時期(一番塗装するのに適している時期)でも有るため閑散期に比べると料金は高くても仕事が取れるので施工料金としては若干高くなる可能性のある時期でもあるので合わせて覚えておくと良いです。もっと詳しく外壁塗装の時期と工程について知識を深めておきたい方は以下参考にしてみてください。

 

塗装時期に適していない季節はいつ?

 

外壁塗装をする上で工事の季節は工程遅れなく進める上ではとても重要なものとなります。

 

梅雨時期や寒い雪の時期などはやはり工事をやりにくい時期でもあり、どうしても工事を止めないといけない時期でもあります。塗料の管理などにしてもシッカリとした管理が必要な時期でもあるのでこの「梅雨の時期と雪の時期は外して」検討することをまずおすすめします。

 

梅雨の時期や雪の時期も施行が不可能ではありませんが、乾燥がかなり重要な時期でもあるので施工不良を起こさない信頼できる施工業者に依頼することが最も大事なことになります。

 

今は台風やゲリラ豪雨などの被害も多いので施工するのであれば台風時期なども外したほうが良い地域もあるかと思いますので、4月~5月、11月~12月くらいの時期が外壁塗装をするのに適している時期とも言えそうです。

 

外壁塗装の工程を維持するためには?

 

工期を守って予定通りに塗装工事を進めてもらう為にも、予定での工程表は作ってもらうようにしましょう。作ったことがない業者は孫受けのような小さな塗装業者の可能性もあり、信頼性が乏しいので十分な注意が必要です。

 

天候に左右されるのは仕方ないですが、それでも工程通りに進めてもらうことは信頼性という意味でも重要なことなのです。塗装欠陥が入らないように工事をしてもらいながら「塗装品質を維持し工程を守ってもらう」のは近隣住民の方への配慮でも有るので大事なことです。

 

そして「足場・飛散防止・高圧洗浄・養生・下地処理・塗装・コーキング・足場解体・掃除」などの全ての工程で順調に進んだ時のスケジュールとずれてしまった時の目安スケジュールも含めて説明してもらえる塗装業者に依頼することが料金や施工品質同様に大切なので塗装業者選びで迷いが有る方は依頼前に優良店に一括相談することをおすすめします。

 

>>あなたの地域の優良塗装業者へのお見積り・ご相談はこちら【完全無料】

 

1週間程度で終わってしまう工程の塗装業者は通常怪しいです。すべての工程をきちんとクリアしていくには最低でも10日~14日程度は必要になります。1週間で終わるような工程表やスケジュールを言ってくる業者に依頼しないように注意しておきましょう。

 

塗装業者が工程表を出したくない理由は?

 

工事依頼をする依頼主としては、作業のスケジュール、工程表の予定は予定を立てる上でも大事なことです。

 

工程表を出しても雨や塗装の乾燥などの影響で工期の延長などは往々に有るので、塗装業者は工程遅れなどのクレームの発生なども考慮して予定表を出したくないのが本音の部分もあります。

 

そのような施行側の問題よりも依頼主としての工事のスケジュールを知る事のほうが大事なことなので、スケジュール通りに行かないことも含めて説明してもらいながら工期の予定スケジュールと工程について予定を出してもらうようにしましょう。

 

どうしても工程を出しもらえない塗装業者は信頼に値しない工事業者となるので依頼せずにあなたの街の優良の塗装業者に依頼することをおすすめします。

 

外壁塗装の時期と工程のまとめ

 

外壁塗装を依頼する上での適している時期と工程についての知識は深まりましたか?

 

塗装品質と同じくして施工工程や施工時期も重要で季節により洗浄や乾燥の日数も変わってきます。壁が濡れている状態での塗装は行いませんし、天候に左右される工事でも有るので契約前にシッカリと確認してから信頼できる塗装業者に依頼するようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。