台風の被害の保障と責任は?火災保険と賠償責任について

台風の被害

 

近年の台風被害やゲリラ豪雨被害に地震被害等の多発に伴い自宅に受けたダメージから、近隣住民の住宅等に与えた損害の賠償などの問題が多く取り上げられるようになりました。

 

一体台風の被害による一時被害、二次被害によるダメージに対する保障や責任などの問題はどこまであるのか?不可抗力の災害に対する保証とその責任、火災保険を利用する方法などについて詳しく説明しているので参考にしてみてくださいね。

 

自然災害・台風被害で屋根等が被害を受けた時に火災保険で修理する方法

 

自然災害の影響で屋根等の雨漏りなどの被害が出ている時に火災保険の適用にする方法が、「雨漏りでの保険金請求をしない」ということです。

 

雨漏りによる保険金請求では老朽化等による原因を疑われる結果になりかねず、保証の対象街になってしまうケースがあります。台風などの強風によるモノの飛来損傷による雨水の侵入やガラスの破損となると「火災保険の風災の補償対象」となります。

 

保険金請求をする際には飛来したものなどの原因をシッカリと把握して劣化などによる雨漏りなどではないという事を説明できるように準備しながら早急に補償依頼をする事が急務となります。

 

そして補修にかかる見積もりなども並行して発行してもらい見積書内にも「台風被害による屋根の修理工事」等の見積もり書でも事実関係が分かるようにしておくなどの万全の対応をしておきましょう。

 

火災保険を台風被害で使うことは出来ない、と思っている方もいるかも知れませんが補償内容と照らし合わせてみて対象となるのであれば保障を受けることは当然の権利でも有るので無駄な保険金ならない様にシッカリと活用して大切な住宅の保全に役立てましょう。

 

台風による近隣住民等への損害の責任と賠償について

 

一般的に台風などの災害等、不可抗力による近隣住民等への損害に関しては「事故」扱いとなるため法律的には損害賠償の責任は追わない可能性が高いです。

 

災害などの不可抗力にしてもあなたに否があれば損害賠償の対象になってしまう可能性もありますが、損害賠償の対象となる場合には個人賠償責任保険なども活用すれば良いです。

 

近隣住民に不可抗力とはいえ、損害を与えてしまった場合には法律上は責任はないため責められる事は無いですがご近所同士ということも有り賠償したほうが良いと考える方もいるのでこの辺りはご自身の裁量も含めて問題解決していくのも一つの手です。

 

地震や災害など何が起こるかわからない直近の情勢なので、個人賠償責任保険なども掛け金自体は安いので加入しておくと安心を得られるのでこの機に考慮してみるのも良いかもしれません。

 

台風被害はまだまだ有る!風災・水災・落雷被害の保障について

 

台風被害は強風による「風災被害」だけではなく「浸水や土砂崩れ被害などの水災補償」や「落雷による家電の破損による落雷補償」なども台風被害で想定される補償となります。

 

よくあるのが台風の際の落雷によるコンセントを伝い家電のテレビやPC等が破損してしまう事故などにおいても落雷補償による補償対象となるので何も知らないと保険をかけて保険金をもらわないという損をする可能性があるので知識として頭の片隅においておきましょう。

 

台風被害と言っても火災保険の補償内容で対応することが出来るものはたくさんあるということです。

 

台風の被害による損失を保障も活用して補修しながら、マイホームをキレイに賢く損しないように維持費用として活用してみてはいかがでしょうか?台風被害などによるメンテナンスやリフォームなどの相談は一括査定を利用して安心の施工業者で不安部分が無くなる補修をして貰ってはいかがでしょうか?

 

>>台風被害などによる住宅の補修やメンテナンス相談ならこちら

 

コメントは受け付けていません。