自然災害・火災保険活用

火災保険の給付金や助成金を使った外壁塗装や屋根の雨漏り修理の見積もり

外壁や屋根の修繕から雨漏り修理まで、対応できるケースの多いやり方として「火災保険の給付金」や「助成金」を活用するという方法があります。

火災保険適用になるには、どのような因果で給付金が使えるようになるのかご存知でしょうか?場合によっては無料でリフォームできてしまうこともあるスキームの一つです。

今回は、築10年以上の住宅で適応しやすい「火災保険の給付金や助成金を使った外壁塗装やリフォームの見積もり相談の方法について詳しく解説していきたいと思います。

外壁修繕の最大の問題でもある「修繕費用」という切実な悩みを解決する糸口として、新築同様の家にタダでリフォームできる作戦として役立てて下さいね♪

 

外壁塗装や屋根修理を火災保険の給付金で行う為の3つの要件!

火災保険や住宅総合保険の給付金を活用した外壁や屋根の修理を行う前に絶対必要になる要件が上記の3つです。

以下で詳しく解説していきますが「1つの項目も相違なく同じように進める」ように心がけて下さい。

この3拍子の内の1つでも欠けてしまえば成立できないため「自然災害の保険かの確認・自然火災保険に長けた業者・被災箇所の写真と適正見積もりが添付された申請書」の3要素を揃えられる様に全行程を詳しく解説していきます。

 

①火災保険の契約内容が自然災害(風水害)も補償対象になっている

保険の種類 火災 風災 水災 豪雨・落雷 飛来・落下 水漏れ 盗難
総合保険
火災保険

 

外壁塗装の修繕や屋根修理を火災保険補償を使って行いたい場合の要件の1つ目が台風や竜巻などの自然災害による被災でも適用される契約内容である点です。

住宅用の総合保険では、あらゆる災害やトラブルに対する補償が対象になっているケースが多いですが、火災保険の場合は契約内容によって異なるため確認が必要になります。

風災や豪雨などに対する補償の確認が鍵になるケースが多いため特に「風災・水災・豪雨・落雷・飛来・落下」などが補償の対象に入っているかの確認をしっかりしてから行動しましょう!

管理人
管理人
多くの火災保険が自然災害によって起きた災害の対象となっていますが、ご自身の加入している火災保険が自然災害の補償がついているかご確認してみましょう。

 

火災保険の補償対象となる自然災害の実例

 

  • 台風の風で瓦が飛んだり破損したりしている(台風被害による補償内容の詳細記事はこちら
  • 瓦が飛んで雨漏りをしている
  • 風で飛んできた物が外壁等に直撃し破損している
  • 大雨により雨樋が破損した
  • 床上浸水が発生し外壁に腐食や破損が見られる
  • 土砂崩れにより外壁にダメージがある

火災保険の補償対象になる自然災害の実例として、上記の様な「台風や大雨による被災」も実例として対象になっています。

自然災害による被災で通常修理できる箇所は「雨樋・屋根・壁紙やクロス・水道・
外壁・擁壁・アンテナ・床・給湯器」などが挙げられます。

 

管理人
管理人

補償対象になる箇所を見るだけでも、あなたが加入している火災保険でも該当するのでは?と思うハズです。

一般的には、火災保険加入から5年程度経過していれば保険が使えると言われています。この情報も参考に検討してみてはいかがでしょうか。

 

火災保険で風災として認められない例

 

  • 地震によって外壁にヒビが入った(地震保険が補償対象)
  • 人為的な理由による破損(個人賠償保険)
  • 大雪による被害(雪災保険対象)
  • 施工不良による劣化(火災保険対象外)
  • 経年劣化による補修(火災保険対象外)

火災保険として認定されないケースは、補償内容とは相違する不自然な言い分の「地震による外壁のクラック」や「人為的な破損」など挙げられます。

第三者が公正な視点で見て、自然災害の影響を受けているであろうと考えられる妥当な見方が必要となります。

経年劣化や補償対象とは異なる内容の申請書を出すような失敗をすることがないように心がけておきましょう!

 

管理人
管理人

火災保険で外壁を修繕するとなるケースは突発的な自然災害と認められた場合です。

現実的には、自然災害と思われる部分的なダメージなどによる修繕が現実的で、足場費用の捻出策としてよく使われると言われています。

最大のポイントは「自然災害と見られる症状で経年劣化と判断されないエビデンス」が必要になります。

台風などの風水害の被害として保険会社に認めてもらえれば良いという点も覚えておくと役に立ちます。

 

②自然災害における劣化や損傷と判断できる損傷箇所の写真

外壁塗装などの修繕から屋根修理を火災保険の給付金を活用して行いたい場合の2つ目の要件として自然災害による被災と判断できる損傷箇所の写真が必要です。

単に経年劣化で起こる損傷ではなく、風水害等による損傷から起こっている劣化と明確に判断できる写真でないと詐欺なので「〇〇に起こった自然災害による損傷!」と明記できる内容が望ましいです。

この損傷箇所は一般人では判断できないため、火災保険給付金を活用した修繕を行うプロ業者を使って行うのが一般的です。

 

管理人
管理人

火災保険を使って修繕する場合は、自然災害による修繕専門のプロフェッショナルに依頼するのが一番良いです。

経験豊富で要点を抑えているため、保険内容も一緒に確認しながら最善手として計画できます。保険会社への連絡も業者を通してしたほうがスムーズな点も注意が必要です。

専門家への相談はあなたの街のプロフェッショナルを以下から探せます♪

 

③自然災害による被災から3年以内の適正見積り価格が添付された申請書

火災保険を使った外壁塗装や屋根修理を行う場合の要件3つ目は被災から3年以内損傷であり適正な見積もり価格であると言う点です。

被災から3年以上経過していては、当該自然災害で起こった損傷劣化であるかの見分けがつかなくなるため必ず起こった災害発生日から逆算して期間内であることを確認しましょう!

また、申請時に保険会社から適正価格以上の工事費が見積もられていたら詐欺を疑われ使えなくなるため「火災保険のプロ業者」に任せるとこれらのアドバイスも受けられますよ♪

管理人
管理人

自然災害による保険適用で工事を行う場合は、価格が高すぎてもNGで免責金額に満たない少なすぎる金額でも適用されません。

保険内容も確認しながら申請することになるため、プロを交えて申請計画を立てていクことをおすすめします。

 

助成金(補助金)を使った外壁修繕や屋根修理のやり方

外壁塗装や屋根修理の費用は高額になってしまうケースも多く、助成金を活用することで費用の一部を負担してもらえますが「年度毎に内容が異なる」点は注意が必要です。

お住いの地域の自治体毎に実施されている補助金の内容も異なるため、国土交通省や自治体が公表している内容を元に確認するようにしましょう!

助成金を活用した改修を行う時は「耐震工事・リノベーション・バリアフリー」などの住宅助成事業の一環のプロジェクトを活用することになります。

人気の補助金・助成金であるため、予算上限に達し次第終了になるため早めに申し込みできる体制を整えておきましょう!

管理人
管理人
助成金は、地方自治体による補助策となるため、市税滞納などの問題が無いことが前提となるため事前にクリアにしておきましょう。

 

リフォームや外壁塗装で受けられる国の助成金(補助金)の条件や申請方法
リフォーム工事補助金
リフォームや外壁塗装で受けられる自治体や国からの助成金・補助金まとめ高齢化や子供の成長に伴い、住まいの工事を受けたご家庭への補助金(助成金)制度が、国や自治体に多数存在します。 リフォームや外壁塗装...

 

火災保険を使った外壁塗装や屋根修理は必ず優良業者に依頼する!

火災保険を活用して外壁塗装を無料で行いましょう!」などの謳い文句で営業をかけてくる悪徳業者が多数存在している点は残念な現実です。

工事単価を上げるために無駄な工事を追加されたり、火災保険申請のために虚偽の報告を強要されることもしばしばあります。

業者と共謀して詐欺行為を行うのではなく、あくまでも業者の責任をもって適切に火災保険も活用して修理してもらうことが目的です。

大切なのは「依頼者と工事業者の境界線を引いてパートナーとしての立ち位置を保つ」ということであり、常識の範疇を超える内容であっては通る申請も通りません。

あなたの街の信頼できる優良業者のみ採用している無料サービスがこちらだから活用して不安なくリフォームできる良きパートナーを見つけてくださいね♪

 

火災保険を活用した外壁塗装や屋根修理|SNSやネット上の口コミ評判

 

火災保険適用による屋根塗装工事の注文

 

 

空き巣被害による家財、貴金属等 の盗難は一般的に火災保険で補償されます

 

 

火災保険で台風による被害と言う申請の手助けしてもらって630,000円の給付金獲得!

 

 

 

まとめ

 

今回は、プロからの申請の手助けをしてもらうことで実現する「火災保険を使った外壁塗装や屋根修理の方法」から「やり方や口コミ評判」も含めてお伝えしてきました。

火災保険を活用して修繕しても、次回から火災保険料金が自動車保険の様に上がったりする子もありません。

毎年掛けている保険はしっかりと活用しないと損です。知っている人が得をする世界でもあるため、プロに手助けをしてもらって安くリフォームを行えるように工夫して下さい。

火災保険は火災のみしか該当しないとイメージしている人も多く、火災保険は総合建物保険であり些細な修理などでも使える保険という認識に改めておきましょう!

火災保険適用を適用させて、賢くリフォーム工事を行って下さいね♪

 

外壁塗装や屋根修理を火災保険の給付金で行う為の3つの要件!」の再チェックはこちら!

 

チャットで安心!地域の優良外壁塗装工務店をご紹介♪
ヌリカエ見積もり

「外壁塗装の費用が分からない」「良い業者がわからない」という不安を解消できる無料見積もりサービスです♪

 

建物の事と電話番号・メールアドレスだけであなたの街の優良業者をご紹介します♪

 

詳細ページ公式ページ