外壁の補修・メンテナンス

外壁のチョーキング現象対策と長持ちする家のメンテナンス方法

サイディングやモルタル外壁に触った時に白い粉がつくと、黒板を触った時のような「ふと」懐かしい気持ちと「お金が掛かる!」という不安な気持ちが入り混じりますよね!

ハウスメンテナンスは費用がかかるので、家計に余分な出費かなり痛いですものです。

この白い粉は外壁の劣化を示すサインであり、放置しておくと余計に費用負担がかかる可能性が高くなります!

今回は、悩ましハウスメンテナンスの「外壁のチョーキング現象の原因」「外壁チョーキング現象の対策」などの「長持ちする家のメンテナンス方法」についてお伝えしていきますね!

 

外壁チョーキング現象とは

チョーキング現象(白亜化現象)」は、時間の流れとともに外壁の塗装された塗膜が表面から劣化し粉状になってしまう現象です。

外壁の塗装塗膜が劣化して剥がれてくるので防水性能や耐久性などが落ちてくるので再塗装などの処置を行わないと外壁のダメージが進行していきます。

チョーキング現象は自然現象の1つではありますが、発生を確認できた早い段階で対処することが家を長持ちさせる方法となります。

 

外壁チョーキング現象の原因について

外壁チョーキング現象の主な原因は太陽による紫外線の影響や気温の寒暖差雨風によるダメージによるものです。

外壁は常に雨風にさらされ紫外線を浴び続けていますので築10年を過ぎてくる頃にはほぼ確実と言っていいほどチョーキング現象が起こってきます。

塗膜の色以外の黒色粉末も付着する時は、チョーキング現象の中でカビが発生していたりする可能性もあるので適切な対処が必要になってきます。

 

外壁チョーキング現象の対策について

外壁チョーキング現象の対策を放置することで「外壁が崩れてきたり・剥がれたり・浮いてきたり・酷い時には外壁内部にまで水分を吸収してしまう」こともあります。

防水性能が損なわれてくると、雨のたびに雨水を吸収し湿気が住宅構造内にも侵入し建物全体の大規模工事が必要になってくる恐れまであります。

 

管理人
管理人

外壁チョーキング現象を発見したらダメージが浅いうちに対処することは鉄則です。

結果の初期段階だからこそ早く手を打つようにしましょうね!

チョーキング現象が見受けられる時にあわせて知っておきたいことがあるのでかくにんしてみましょう!

目地の補修
【SOS】外壁目地の劣化でコーキング補修(目地交換)前の費用比較そもそも外壁材となるサイディングボードやパネル状ボードはなぜ施工の際にわざわざ隙間を作り目地が必要な空間を開けるのか?目地がなければシリ...

 

まとめ

 

今回は外壁のチョーキングの原因や、チョーキング現象の対策についてお伝えしてきました。

大切なマイホームのメンテナンスは人間で言うところの散髪屋歯磨き等と同様で大切なものです。

人間も歯磨きしないと虫歯になると思いますが外壁チョーキングも同じで放置すると外壁の劣化が急速に進行します!

費用面での不安がある方は、コチラの記事も参考にしてみて下さい♪

火災保険を適用させて外壁塗装(修繕・修理)を行う方法外壁の修理・修繕を行おうと思っている時に、どの様な症状が出ていたら保険を適用させて無料で行うことが出来るよになるのかご存知でしょうか? ...

適切な対処方法で早い段階で対処するように心がけておきましょう!

 

チャットで安心!地域の優良外壁塗装工務店をご紹介♪
ヌリカエ見積もり

「外壁塗装の費用が分からない」「良い業者がわからない」という不安を解消できる無料見積もりサービスです♪

 

建物の事と電話番号・メールアドレスだけであなたの街の優良業者をご紹介します♪

 

詳細ページ公式ページ