リフォーム全般情報

失敗のないリフォーム業者のシンプルな選び方と適正価格

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者の選び方で失敗しない為のシンプルな法則が有ります。

 

それはリフォームを行う箇所の施工専門業者に依頼するのが、同様の工事の実績も多数経験していながら、費用も抑えて適正価格で施工してもらうことができます。

 

間違っても、新築時の工務店や住宅メーカーに依頼することがないようにしましょう。

絶対に失敗しない業者選びのポイントも解説していますので参考にしてみてください。

 

信頼できるリフォーム業者選びの5つのポイント

リフォーム箇所の専門業者で工事実績が有るか否か

 

リフォーム工事では国民生活相談センターへの訪問販売によるリフォーム工事での相談件数が増加傾向にあります。

 

リフォーム業者は契約だけを取り下請け業者に丸投げする会社や、軽微な建設工事であるがために、建築士の資格もない建設業許可もないリフォーム業者が多く存在しています。

 

だから多くのトラブル相談があり、施工品質の面で素人にわかりにくい部分を処置しないなどのずさんな工事をする悪徳御者が多数存在しているのです。

 

外壁改修なら外壁改修専門業者で、塗装なら塗装業者、内装工事なら内装業者という風に専門業者に依頼することで施工品質を専門業者なので責任が担保されるので不要なトラブルを避けられるのです。

 

要望に合わせた提案とデメリットを説明してくれる業者

 

施工会社側の意見を押し付ける業者ではなく、こちらの要望を聞き入れて、メリットだけではなくデメリットまでしっかりと説明してもらうことができるかどうかは重要な判断基準です。

 

見積書内の資材等に関しても、カタログで見せてくれるだけではなくサンプルを見せてもらうことができるかどうかなども判断基準となるので見積もりを依頼してみないとわからないことが多いので多く見積もりをもらうことで多くの比較項目で判断することができるということです。

 

その他、ローコストでの提案など予算に応じた提案をしてもらうことができるという部分も大事な項目になってきます。

 

アフターメンテナンスや保証対応

 

工事中から工事後の保証、アフターケアまでリフォーム完了後の欠陥も、契約書の中に記載して滞納してもらうことができる業者が望ましいです。

 

業者によっては口約束だけのアフターフォローで、困った時に対処してくれる保障がないケースも多々存在します。このアフターケアの部分に関しては、確実に書面上で保証内容が確認することができる状態にしておくことが大事です。

 

優良業者は、瑕疵保険に加入しているので工事完了後に第三者による完了検査を受けることになるため手抜き工事や、欠陥住宅等になるリスクがなくなるのです。

 

テレビCMをしている業者を避ける

 

テレビCMをしている業者をおすすめしない理由が、CMに掛かる費用が大きいために工事費用の中に諸費用や材料費等に含めて費用が上乗せされているケースがあります。

 

CMにより評判が良くてもあなた自身が満足できるかどうかはまた別問題なので、リフォーム費用に最重要視したい時には会社名だけで決めるのは避けるほうが無難な判断となります。

 

契約を急がされない業者にする

 

リフォーム工事には多額の費用が掛かるので時間をかけて慎重に行う必要があるので、「今日契約してもらえれば大幅値引き」等の、契約を急がされる業者は信用できないので注意が必要です。

 

契約を急がされるときには、他の専門業者との比較検討したいという意向をしっかり伝えて、引き下がらせるようにしてじっくり時間をかけて精査するようにしましょう。相見積もりをすることも大事な確認事項となります。

 

悪徳業者の見分け方

 

悪徳業者の見分け方として最もシンプルなのが、訪問販売の業者は選ばない!ということです。国民生活相談センターへの相談が多いのもやはり訪問販売によるリフォーム業者だからです。

 

訪問販売の業者は、無料見積りと言いながら不安を煽るような不具合があるとし、工事契約を煽ったりするケースが往々にしてあります。

 

アポ無しの無料点検業者は論外で、電話営業による無料点検も同様にトラブルが多いパターンなので気をつけておきましょう。(※悪徳業者は、悪いところがないときは壊して契約をさせるなどのケースもあるようなので要注意です。)

 

適正価格の見分け方

 

リフォームの適正価格に関しては、住宅によって全く異なってくる部分です。

 

適正価格な費用が知りたいときには、面倒ですが一括見積りなどの優良業者のみ施工業者から見積もり依頼することが最も安心な方法となります。

 

>>適正価格を匿名・無料で依頼はこちら

 

念のために知っておきたい契約後のクーリングオフの制度

 

クーリングオフ制度は、一度契約してしまった内容でも、書面を受け取った日から8日以内であれば無条件で契約取り消しすることができる制度です。

 

悪徳業者によっては、「クーリングオフ制度は利用することができない」「クーリングオフ制度は適用されません」などの殺し文句でクーリングオフの妨害をするケースも有ります。

 

契約の際にクーリングオフの話もして、クーリングオフの可能性も視野に入れた契約を行うようにしておきましょう。

 

 

チャットで安心!地域の優良外壁塗装工務店をご紹介♪
ヌリカエ見積もり

「外壁塗装の費用が分からない」「良い業者がわからない」という不安を解消できる無料見積もりサービスです♪

 

建物の事と電話番号・メールアドレスだけであなたの街の優良業者をご紹介します♪

 

詳細ページ公式ページ